ナビゲーション

子持ちの女性の方へ

Q:子供の医療保険はいつから加入するべきですか?

A:西尾市では、健康保険証と子ども医療証を提示することにより、

子ども医療費支給制度で助成を受けることができます。

しかし、大病を患った場合、今後民間の保険に加入することが出来なくなる可能性もあります。ごく僅かの保険料(掛け金)で、公的医療保険の対象ではない先進医療に備える保険もございます。子ども医療費支給制度を理解した上で、必要な保障に加入することをお勧めしております。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

独身の方へ

Q:扶養家族がいないが医療保険は必要ですか?

A:不慮のケガや病気による治療費や所得の低下、公的医療保険対象外の先進医療などの高額な治療費に備えた緊急予備資金(急な出費に備えた資金)の貯えがある場合は必要ないですが、緊急予備資金の貯えがない場合は、必要性は高いと思われます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

最近離婚された女性の方へ

Q:最近離婚しました。保険の見直しは必要ですか?

A:養育費負担の有無にもよりますが、ライフステージの変化により、必要保障額も変化する為、現状に合った内容に見直しの検討することをお勧めいたします。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

仕事重視されている独身女性の方へ

Q:病気やケガでの入院に備えたいが、貯蓄もしたい。どうすれば良いですか?

A:病気やケガの入院に備えながら、貯蓄も出来る保険もございます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

自営業の方へ

Q:病気やケガなどで働けなくなった場合困るのですが、どうすれば良いですか?

A:国民健康保険には、公的医療保険の傷病手当金がない為、所得の減少が懸念されます。自助努力による貯えが潤沢でない場合、保険による備えが、合理的といえます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

ご夫婦の方へ

Q:最近結婚したのですが、保険のことがわかりません。加入の際に知っておくべきことはありますか?

A:年金制度の一つである遺族年金、公的医療保険の傷病手当金や高額療養費制度等の社会保険を理解した上で、公的医療保険対象外の先進医療など、足りない保障を民間の保険で補うことがお勧めです。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

ファミリーの方へ

Q:マイホームの購入を検討中です。保険の見直しは必要ですか?

A:マイホームの購入前に保障内容の見直しやライフコンサルティングを受けることで、ご希望の住宅の購入やグレードの高い住宅の購入が可能になることがあります。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

新社会人の方へ

Q:保険のセールスの方から加入を勧められています。すぐに加入するべきですか?

A:保険は年齢により保険料(掛け金)が変わり、若い方が安く加入出来ます。但し、必要保障や考え方は、一人一人違うため、内容を精査し、公的医療保険の傷病手当金や高額療養費制度等の社会保険を理解した上で、保険が必要だと感じる場合は加入をお勧めいたします。